時刻表もあり、計画も立てやすい

高速バスは、ほかの公共交通機関よりも時間が正確でないと思われがちですが、そんなことはありません。 どの路線もきちんと決められた時刻表があり、どの停留所にいつ着くかも分単位で明記されています。出発時間はもちろんのこと、到着時間もほぼ正確に守られています。突発的な道路事情で遅れる可能性はゼロではありませんが、それは飛行機や新幹線など、どの公共交通機関にも言えることであり、バスだからといって特別心配するほどのことではありません。 そのため、旅行計画を立てる際にも時刻表を見て計画を立てることができます。高速バスを乗り継いで遠くの町まで行くことも可能です。乗り継ぎの場所で時間を取って観光をしたり、しばらくぶりの友人に会ってもいいでしょうし、間をあけずに次の目的地に出発してもいいでしょう。 高速バスは、橋などで道さえ繋がっていれば海を渡ることも可能です。全国の路線図と時刻表を眺めながら、次の旅行先を決めるのも楽しいですね。

全国のバス会社を比較出来る予約サイト

高速夜行バス・・・バスサガス
日本全国のバス会社から一括で検索出来るから、始めての方でも簡単に予約出来ます。お気に入りのバス会社からも検索できるので、リピートするときにも便利です。

寝ていながら移動できるちょうどいい距離

高速バスの魅力は、何と言っても眠っている間に目的地に着いてしまうということです。 例えば、関東と関西を結ぶ路線は、深夜十時の出発すれば翌朝七時には目的地に到着します。この時間はとても有意義で、他の移動手段では考えられない程の時間の有効活用になります。例えば、新幹線で東京から京都で移動した場合、新幹線の特急券で二万円近くかかり、東京駅までの交通費と時間、京都駅に着いてからの移動費を考えると半日は移動で潰れるばかりか、移動費も高くつきます。 深夜バスは、その点時間が全く無駄になりません。就寝時間がそのままバスでの移動時間になり、その時間も長過ぎず短すぎません。いくら高速バスが快適でも、六時間以上座ったまま移動すると体に負担がかかり、かといって短すぎても熟睡する前に降車地に着いてしまい、睡眠不足で体調も悪化します。最も利用者数の多い関東ー関西間の移動時間と距離は、高速バスの特性を生かしたちょうどよい距離にあり人気です。